【しくじり君!】@Nの場合!

訳あって、40歳を過ぎて離婚を決意したNさん(男性)。👦🐶
成人を過ぎた子ども2人はNさんの戸籍のままという選択をした。

しばらくしてからNさんは合コンだか街コンだかである女性Cさんと知り合った。✨✨✨

Cさんも離婚歴があり、👧シングルマザーで幼子を育てている最中であった。

💑💑💑 程なくしてこの2人は交際を始めた。

デートはもっぱらCさんの自宅である。🏠🏠🏠
互いに仕事を終えて夕食を共にすることが主なデートであったもよう。🍝🍛☕

「えぇ~知らないオジサンが家に来てるの???」と幼子のココロ💜の声を代弁してみた。
すると、Nさんは「だって子どもは小さいから分からないよ。」
「子どもを置いて外に行くわけにもいかないし。」🐝🍯🐝🍯🐝🍯


月日は流れ...... ある日の電話でNさんは言う。📱📱📱
N:「この頃、彼女が子ども👶が欲しいっていうんだよね。俺はもういらないよ!冗談じゃ
ない!」
「ふむふむ......。」
「ねぇーCさんと結婚しないの?」
N:「まだそんなこと考えてないよ。まだうちのお姉ちゃん(娘)が〇〇〇だし。」
N:「娘を追い出すような真似なんてできないよ!」

聞いていると腹が立った。💣⚡⚡💣⚡⚡💣⚡⚡
どこまでも自分都合のみであり、Cさんに対する思いやりや気遣いが感じられなかった。

Cさんの「子どもが欲しい」はアナタと結婚したいという意味であることは明白だ。👰⛪

2年、3年、4年......と歳月は流れる。⏰ ⏰⏰

💀💀💀 💀💀💀 💀💀💀

過ぐる日の👦 Nさん。
N:「親に会わせると言ったら『今じゃない!』『会いたくない』といわれたよ......。」
「だろうねぇ~~~。」
「もうCさんは新しい彼氏がきっといるよ♪」
N:「新しい人って......。」

😵😵😵 THE END!TIME OVER!😵😵😵

Cさんはこれまでうんとうんと数えきれないほど自分に我慢を強いてきた。(◞‸◟)
Nさんに嫌われないように......。💔💔💔
何年も何年も待ち望んだであろう。Nさんとのハッピーゴールをね。🎉🎉🎉

驚くことに何年もの長い付き合いの中、Nさんは1度も自分の自宅にCさんをあげたことが
ない!
「遊びにおいで」であるとか「俺の家族(娘や息子)を紹介するよ」というようなオープン
な自己開示を何1つしていない。Σ(・ω・ノ)ノ!

Cさんの存在を家族にひた隠しにすることで自分勝手なシアワセを夢見心地でやり過ごして
きた。
ガキじゃあるましね。理解しがたい。😱😱😱

「自分の存在は一体何なんだろう?」とCさんは先が見えず、不安で心が押しつぶされそうな想いを嫌というほど味わされ、夢ではなく現実を見た。👟👟 👟👟 👟👟

だから新たな1歩を踏み出したのだ。🍀🍀🍀
「付き合いきれねーよ!これ以上!おまえとは!!!」ってな訳さ。👍👍👍

そりゃ天罰も下るだろうよ。⚡⚡⚡ ⚡⚡⚡ ⚡⚡⚡

🌸🌸🌸 完全なる「長すぎた春」だ。
具体的なエピソードもなく、ダラダラと付き合い、真剣に再婚を考える女性の気持ちを無視
したヒドイ話だ。

現在、Nさんは寂しいぼっちさん。

相手に求めるばかりで与えることに欠けている人はシワセも逃げていく。(^_-)-☆

397.jpg



それではごきげんよう♪

結婚相談所Mariage Salut公式ホームページ
http://www.mariage-salut.com/


PageTop